あさま隠山岳ラリー2017 参戦報告

あさま隠山岳ラリー2017 群馬ラリーシリーズ第2戦
開催場所/東吾妻町地域振興センター

5/14(日) 群馬県東吾妻町にて「あさま隠山岳ラリー2017」が開催されました。
タクミクラフトレーシングより
クラスA #46 竹田/河西選手 クラスA #48 岩本/石川選手 が参戦しました。

#46 竹田選手は今回がラリーデビューなので、河西選手にしっかりとサポートしていただきました。
#48 岩本選手は今シーズン初のラリーです。

選手は前日の午後にレッキをしているので、今日は本番です。

AM6:00 サービスパークへ
前日の雨で予定していたグラウンドは水没のため、近隣パーキングへ変更
霧雨が降っていますが、スタートまでには止んで欲しいです。

2台共に車検を済ませ選手たちはドライバーズブリーフィングへ。
いよいよラリースタートです。

スタート前の選手コメント
【2号車ドライバー:竹田選手】
ステージはテクニカルセクションからハイスピードセクションまで様々なコースが用意されとても楽しみ。
今日は初めてのラリーなので、ステディーに走ってしっかり車をフィニッシュまで運びたい。

【2号車コドライバー:河西選手】
今回は安全に走ることが目的なので、基本に忠実に、アクセルを踏むところと抑えるところをしっかりメリハリをつけてノートを作れたと思う。
まずは楽しみましょう。

【1号車ドライバー:岩本選手】
今日はフィニッシュまで車を運ぶこと、自分の課題であるスタートでのクラッチミートと、コーナーでの正しいギア選択をして走るように心掛けたい。

【1号車コドライバー:石川選手】
コースはとてもバラエティに富んでいて、とてもチャレンジング。
まずはセクション1をきっちり走り、お互いのコンビネーションを確認しながらセクション2に繋げていきたい。

お昼のサービスへ選手が戻って来ました。
今日のランチメニューは親子丼・サラダ・味噌汁・フランクフルトです🍴

2台共にトラブルもなく順調です。
ランチ後に午前の感想と午後の抱負をインタビューしました。
【2号車ドライバー:竹田選手】
だいたい落ち着いて走れましたが、突っ込みすぎた部分があった。 午後は午前に出来なかったところを、落ち着いて走りたい。
【1号車ドライバー:岩本選手】
今年初めてのラリーなので 大変疲れました。ギアチェンジが難しかった。午後もがんばりたい。
【2号車コドライバー:河西選手】
比較的落ち着いて走れた。 泥で何カ所か厳しいところがあったが、彼なりに上手く走れていた。午後もキープして安全に走りたい。
【1号車コドライバー:石川選手】
午前はとりあえず安全に走れています。午後はペースノートを調整し、ドライビングに期待しながら、2本くらいはタイムアップを狙いたい。

全てのステージを走り終え、2台ともフィニッシュに戻ってきました。
土曜日レキは雨、日曜日午前はウエット、午後はところどころ乾いた路面ながら、ステージ内は泥が非常に多く、本当に難しいコンディションの中でのラリー、お疲れ様でした。

フィニッシュ後コメント
【1号車ドライバー:岩本選手】
思い通りのドライビングが出来たところも多くとても楽しめたが、今回の道はコンディションが難くいい経験になった。
少し力んでしまった部分もあるので、次戦は今回感じたドライビングの細かい部分の課題を忘れないようにすることと、メンタルコントロールをできるように走りたい。
【1号車コドライバー:石川選手】
今回は岩本選手との3回目のラリー、2017シーズンは実質開幕だったので、路面コンディションなどを考えてもスタート前は心配だったが、ドライビングに関してもワンポイントアドバイスをするとすぐに実戦できるので、運転の引き出しも増えてきている。
課題もはっきりとみえてきているので、次戦はさらにタイムを意識したラリーができるように心がけたい。
【2号車ドライバー:竹田選手】
クルマをフィニッシュまで運べて本当に安心している。
ペースノートも河西選手のリーディングタイミングが絶妙で、何度も助けられた。
ラリーにはずっと憧れていたので本当に楽しかったし、充実した疲労感を感じている。
次戦はアクセルをもっと踏むことに意識を集中して走りたい。
【2号車コドライバー:河西選手】
竹田選手は初ラリーだったが、自分自身でメンタルコントロールをできているので、運転も含めてセンスを感じるドライバーだった。
次は今回のラリーでの課題を一つずつクリアできるように、もう少し攻めたコドライビングしようと思う。

各関係者の皆様お疲れ様でした。
応援して下さった皆様、ありがとうございました。


No Comment | Trackback URL | Permanent URL

TGR Rally Challenge Cup in 木曽 参戦報告

TGR Rally Challenge Cup in 木曽
天候/晴れ
サービスパーク/御岳ロープウェイ駐車場

4/23(日) 長野県木曽町でTOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge Cup in 木曽 が開催されました。
E-3 Class#138 吉田/前川選手(NCP13) E-3 Class# 139 吉川/新井選手(EP82) の2台をタクミクラフトレーシングでサポートいたしました。

AM6:00 サービスパークへ到着
気温0度と凍える寒さの中、選手は受付後レキヘ、やはり早朝の山は冷えます。
レキから戻った選手の感想は皆同様に「登りがきつくて大変そう」と少し懸念していました。

2クルー共、無事車検を済ませブリーフィング後いよいよスタートです。
今回は登りのきつさに加え、グラベルステージもあるのでタイヤ選択もカギとなってきそうです。
スタート前の選手コメント
Dr’吉田選手「思い出に残るラリーに」 Co-Dr’前川選手「前回に続けるよう」
Dr’吉川選手「吉田選手に負けない」 Co-Dr’新井選手「前回よりタイム差を縮める」

SS3本を走って選手がサービスに戻ってきました。
45分間のサービスタイムです。
午前のセクション後はやはり皆さん口々に「車が登って行かない!」と苦戦していました。
午後はライン取りやグラベルの走り方を変え、ペースノートの読み方も工夫していくなどの対策をとるようです。

本日のケータリングランチは【けんちん汁&おにぎり】です。冷えた身体に温かい汁物は嬉しいですね。
2台共に車両トラブルはなく、通常整備で午後のセクションに向かいます。

残り3本のSSを終えて2台無事完走しサービスへと戻って来ました。
皆さん走り終えてとてもいい顔をされていますね。


結果はなんと・・・

#138 吉田/前川選手 #139 吉川/新井選手 2クルーが共に表彰されました!
今年2戦目でワンツーフィニッシュを決められてとても嬉しい限りです。

フィニッシュ後に、両クルーへインタビューしました。

・午後のセクションはいかかでしたか?
E-3 Class 2位
Dr’吉田選手「連覇は難しかったです。経験不足なのでもっと経験を積みたいですね。」
Co-Dr’前川選手「Dr’とのコンビネーションは良かったので次戦もより頑張りたいです。」

E-3 Class 1位
Dr’吉川選手「登りステージに課題があるが、走りはよくなって来た。車の仕様も含め全体としては満足の結果です。」
Co-Dr’新井選手「午前、午後でノートの読み方を変えたのが効果が出て結果につながったと思います。」

参加された各関係者の皆様お疲れ様でした。
応援していただいた皆様どうもありがとうございました。


No Comment | Trackback URL | Permanent URL

TGR Rally Challenge Cup in 木曽

2週続けてラリーサービスです!
先週末の群馬シリーズMIKABOでは、ラリー出場2戦目の福田選手がAクラス9台中7位、最終ステージでは4番手タイムと、将来を期待させる走りを披露!
コ・ドライバーの石田選手からも「今後が楽しみ」とコメントをいただきました。
今回コドライバーを務めてくださいました石田選手に心よりお礼申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。

23日は長野県木曽町でTOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge Cup in 木曽 が開催されます。
タクミクラフトレーシングは #138 吉田/前川 選手、#139 吉川/新井 選手 のサポートをさせていただきます。
皆様応援宜しくお願い致します。


No Comment | Trackback URL | Permanent URL

MSCC ラリー in MIKABO

群馬ラリーシリーズ代1戦 2017/4/15(土)
今回はMSCCラリーin MIKABOに出場する#52 福田/石田 選手のサポートをさせて頂きます。

土曜日にむけてメンテナンス中です。


No Comment | Trackback URL | Permanent URL

TGR rally challenge in 富士山すその 結果報告

今回のラリーサービスは
吉川/新井 選手 吉田/前川 選手 のサポートをさせて頂きました。

吉田/前川 選手 クラス優勝しました!おめでとうございます!
吉川/新井 選手 0.5秒差で惜しくも4位でした。

吉田選手はスタートのドライバーインタビューで
「目標は?」「(小声で)1位」と言っていたのをしっかり聞いていました~(^o^)丿 有言実行でしたね!
この調子で次戦の木曽も頑張ってください。

参加された皆様お疲れ様でした。


No Comment | Trackback URL | Permanent URL